クリックしてください。
「能登遊記」について
 能登の名跡を記録した藩政期の文献は、「能登名跡志」をはじめ数多く残されているが、 なかで異色的な存在として文化13年の内浦の旅を詳細な絵と文で構成したものが本書である。
 はじめ、県勧業博物館に所蔵されていたものが、本館に移管になったもので、原本にきわめて 忠実な他筆と思われる。
金子鶴邨 著/文化13(1816)年頃 写