「民家検労図」天へジャンプ 「民家検労図」地へジャンプ 「民家検労図」人へジャンプ



「民家検労図」(天、地、人)について
 江戸時代後期、天保年間(1830-1843)に加賀国能美郡犬丸村(現小松市)の十村役であった著者が、
当時の農林漁業を中心とする庶民の生業と生活を、緻密かつ躍動的な筆致でいきいきと描いた彩色絵農書。
北村与右衛門良忠 著 / 天保年間(1830〜1843)頃筆 3冊

「民家検労図」天  「民家検労図」地  「民家検労図」人 へ




貴重資料ギャラリー一覧へ